99ユーロ以上のご注文で送料無料(日本国内)
0

Tu carrito está vacío


製造過程

9 Oliveresのオリーブオイルの秘密は、その製造方法にあります。このプロセスが網羅的であればあるほど、製品はより良いものになります。9 Oliveresではあらゆる最新技術を駆使し、すべてのオリーブオイルを最新の業界基準に基づいて製造しています。

すべてのオリーブオイルの製造にはコールドプレス技術が使用されています。実際の工程としては、油圧プレスのみを使用して、低温にコントロールしながらオイルジュースを抽出します。これは紛れもなく職人の仕事であり、大変な労力を必要とします。しかし幸いなことに9 Oliveresでは、昔ながらの伝統に基づく確かな構想と、現代的で洗練された技術を用いているため、ボトル1本1本のオリーブオイルを迅速かつ効率的に製造できます。

ここでの重要なステップの1つが、温度監視の工程です。長めの工程ですが、通常は合計で15時間以内に終わります。収穫したオリーブから高品質のオイルを抽出するためには、この工程を適切に行う必要があります。

製造が終了したら、作業員がステンレス製の保管容器にオイルを入れます保管容器はマイルドな温度に保たれ、光を全く通しません。ボトルにも、光や紫外線からオイルを守るために黒いガラスが使用されています。このガラスは有害な太陽光を98%まで吸収することができるため、製品が店頭に並んでも風味が損なわれることはありません。また、このボトルには強力な液漏れ防止や逆流防止効果のあるアルミキャップが採用されています。同時に、プレミアムボトルにはゴールドの刻印が施されており、見た目にも美しいものとなっています。


抽出方法

オリーブオイル抽出の重要なステップは、機器の種類に関わらず常に同じです。基本的なテクニックは以下の通りです。


洗浄

抽出作業の最初のステップは、オリーブを洗浄し、小枝や葉、茎などのゴミを取り除くことです。その後、オリーブを水洗いし、残った汚れを落とします。同時に、この機械はブロワーを使用して、軽い粒子を取り除くことができる重い気流を作り出します。オリーブの汚れが100%取り除かれたら、製造を先に進めることができます。


粉砕

次に、このオリーブを潰してペースト状にします。この工程では、果肉の細胞が引き裂かれ、液胞からオイルが放出されやすくなります。この工程には、金属製の歯を持つグラインダーや石臼、さまざまな種類のハンマーミルなどを使うのが一般的です。


攪拌

この工程では、小さな油滴を大きな油滴にするために、最大45分間ペーストを攪拌する必要があります。これは必須の手順です。最終的な収量を増やすためには、ペーストを加熱したり、水を大量に加えたりするのが一般的です。しかし、この方法では、完成品の品質が大幅に低下する恐れがあります。攪拌時間が長くなるほど、賞味期限は短くなります。9 Oliveresでは、この工程を非常に低い温度で行っています。収量は少なくなりますが、最終的な品質ははるかに優れています。

分離

最後の工程では、固形物や植物性の水からオイルを分離します。このプロセスは、一般的にはプレスを使用しますが、最近では遠心分離によってさらに改良されています。遠心分離機の中には、固形物、水、オイルを分離する三相式のものがあります。しかし、ウェットペーストからオイルを分離する二相式遠心分離機も多くの企業で一般的に使用されています。油を洗浄して分離した後、作業員は通常、最終的な分離が行われるタンクや樽にオイルを入れておきます(ここでは重力を利用しています)。最後に、必要に応じてオイルをろ過することもあります。



JA
JA